防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

子供達を犯罪から守るためには

最近子供が狙われています。
小中学生など、少女を連れ去る事件が増えていますね。
小中学校では、不審者情報が入ると、一斉に保護者に携帯メールで知らせるようになってきています。

「見ず知らずの人に話しかけられた」という不審者と決め付けられないものから「刃物を持った男に追いかけられた」というような、不安になる内容まで様々です。

連れ去られた事件のほとんどが、わいせつ目的であり現代社会のゆがみを物語っているようです。
発生時間は、学校が終わりで自宅へ帰るまでの時間が大半です。友人と別れて一人きりになったところを狙われます。

そして発生場所は、学校から離れた道路、公園等、人目につくような場所でも起こっています。
「自分の子供は、人通りの多いところを通るから安心」と思っている親御さんも、決して安心できなくなってきているのです。

最近の子供達が外で遊ばなくなってきたのは、ゲームのせいばかりではないんですね。
不審者がいるかもしれない外で遊ぶのは、とても危険なことになってきています。

公園に、常時管理者がいて子供達を見守ってくれるといいのですが、そうはいかないですね。
せめて、防犯カメラを設置して、不審者に「お前は見られているぞ」というプレッシャーを与えてほしいものです。

学校では、校門には防犯カメラがついているものの、通学路にはほとんどついていません。
防犯カメラは、常時監視されているようで、反対だという意見もありますが、このような犯罪から子供達を守るには、必要なことなのかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。