防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

郵便物に対しての防犯対策


何年か前に、オフィスビルの集合郵便受けから請求書等が盗まれる事件がありました。請求書を盗んでかわりに支払ってくれるのなら、ありがたい話ですよね(笑)

でもこの事件の犯人は、もちろん、そんなお人よしではありません。振込先を改ざんし、また郵便受けに戻していたようなのです。

改ざんした請求書には、金融機関名、口座名義、口座番号の上にシールが貼付されていて、別の振込先が記入してありました。
しかも、御丁寧なことに訂正印まで押してあったというから、驚きですね。

この事件では、会社が被害者になっていました。しかし個人の家庭でも起こりうる事件だと思いませんか?
最近のマンションには、防犯カメラが設置されており、こういう事件が起こっても犯人は特定できるかもしれません。
しかし、一戸建てやアパート等では、いつこのような事件が起こってもおかしくない気がします。

郵便物には、口座番号等が記載されていて個人情報の塊です。いつどのように悪用されるか分かりません。
家族内においても、郵便物を勝手に見てトラブルになることもありますよね。それが他人に知らない間に見られてしまうのでは、不安になることでしょう。

こうした事態を未然に防ぐために、敷地内に不審者が侵入しないように防犯カメラを設置したり、郵便ポストに鍵をかけるようにすると良いでしょう。
防犯カメラは録画できるようにしておいて、何かあったときは、いつでも警察に提出できる体制をとっておくと良いですね。
また、近所の交番から警察官に巡回してもらうのも防犯対策の効果的な方法の一つですので一度相談してみるといいかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。