防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

病院における防犯対策

誰にでも出入りできるところは、人目が多くても隠れやすいものです。
そんな場所の一つに病院が挙げられます。
病院は、患者や家族・病院関係者以外にも、見舞客や医療業者など、非常に多くの人が出入りします。
それにもかかわらず、病院は、セキュリティが今一つ甘い所があるようです。

実際、見舞客や通院患者を装って、窃盗を繰り返す事件も多発しています。
被害は現金だけではなく未開封の薬や注射液等も、盗難されるケースがあるのです。
これらは、売却されるのかまたは犯人自ら使用するのかは定かではありませんが、常時在庫をチェックしていない病院では気づかないことも多いようです。

このような犯罪を未然に防ぐためにも、セキュリティは強化しておかなくてはいけませんね。
薬や注射液等の保管場所に、防犯カメラを取り付けるのは、必須です。
個人情報の塊であるカルテ等がある事務所や病院の玄関や通路等にも防犯カメラを設置しておく方が良いでしょう。
個人病院のように夜間、人がいなくなる病院は、インターネットを活用して、病院長の自宅で病院の状況を確認できるようなシステムを導入すると良いでしょう。

総合病院のように不特定多数の人が出入りする病院では、防犯カメラだけでなく、警備員を配置したりと様々な対策を練っているようです。
病院によっては、不審者対応マニュアル等を作成して、職員全員が防犯意識を高めているところもあります。
患者さんが安心して通院・入院できるような病院にしてもらいたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。