防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラその他

新幹線での防犯カメラ

2007年7月1日、新幹線N700系がデビューしました。まだ覚えている方もいらっしゃるでしょう。
N700系は、電力回生ブレーキが搭載されており、電力消費量を大幅に削減できる省エネ新幹線です。
さらに、スピードも従来の新幹線より速くなっており、もっとも速度の出る山陽区間では300km/hものスピードが出るらしいです。
これが、次世代新幹線と呼ばれるわけですね。

このN700系新幹線には、今までにない試みがなされました。
それは、防犯カメラの設置です。
列車内で、度々 事件や事故が起こっています。
走行中の新幹線の非常用ドアコックを開けて、男性が飛び降りて死亡した事故は、かなりショッキングでした。
この非常用ドアコックは「乗り間違えた」という理由で、開けてしまう乗客もいるらしく驚いてしまいます。
その都度、列車は止まってしまい、安全確認のために時間を割かれますから、乗客・乗務員にとってもいい迷惑ですね。

今回、設置された防犯カメラはなんと60台です。
58ヶ所の出入り口のドア上部と運転席の入り口の上部2ヶ所に埋め込まれています。
映像は常に録画され、事件や事故で警察・裁判所に提供する以外には、使われることはないそうです。

在来線に設置する予定は今のところないそうですが、列車内の犯罪といえば、まず思いつくのが痴漢などの性犯罪でしょう。
新幹線よりもむしろ在来線に設置したほうが、犯罪予防にはなると思いますが、コストやプライバシー問題を考えると難しいようです。

ハイテクを駆使した新幹線N700系に乗車する機会がありましたら、防犯カメラの存在をチェックしてみてくださいね。
「防犯カメラ作動中」のシールに気がつかないと、見過ごしてしまうくらいのものなので、きっと驚きますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74386186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。