防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラその他

防犯カメラが壊れないようにするには

防犯カメラを取り付けても、証拠隠滅のために、不審者に防犯カメラを壊される場合があります。
これでは、せっかくの防犯カメラも意味がありませんね。
さらに、壊された防犯カメラの修理代で被害も大きくなってしまいます。

これを避けるためにも、防犯カメラは耐衝撃性の防犯カメラを取り付けたほうが良いでしょう。
耐衝撃性カメラは、別名、防破壊型防犯カメラともいいます。
普通のボックス型カメラは、レンズ部分がむき出しになっており、簡単に壊されてしまう可能性があります。
防破壊型防犯カメラは、ドーム型カメラと外見は同じです。

では、違いは何でしょうか。
防破壊型防犯カメラの本体は、非常に丈夫な金属でできています。そしてレンズカバー部分は、強化プラスチックで覆われています。
もしハンマーなどで殴打されても、壊れないようになっています。

また、防犯カメラが壊れるのは、不審者による破壊ばかりが原因ではありません。
防犯カメラに良くないものとして、雨やホコリがあります。
防犯カメラ内部にそれらが入ってしまうと、カメラはその機能を果たすことができなくなってしまいます。
屋外に設置する場合は、必ず防水・防滴タイプのものを選びましょう。

高額な買い物である防犯カメラです。
無駄な買い物にしないためにも、取り付けたい場所にどのタイプの防犯カメラを取り付けたら不明なときは、遠慮せずに専門業者に尋ねてみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。