防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

防犯カメラと盗撮

外出先で買い物や食事をしていて、思わず天井を見上げ「これは防犯カメラかな?」と思ったことはありませんか?
実際に、煙感知器かと思っていたら、防犯カメラだったということがあります。
防犯カメラは、形状やサイズもいろいろで、誰でも簡単に入手できます。なのでどこに取り付けてあってもおかしくない時代ですね。

しかし、防犯カメラはどこにでもつけて良いわけでは決してありません。
トイレや更衣室、銭湯などの脱衣所・風呂等で、防犯カメラを設置することは立派な犯罪です。
店の人間が取り付けることは、絶対にあってはならないことです。
もし、従業員ではない者が設置した場合、被害者は盗撮された人及び隠しカメラを設置された店になるそうです。

しかし、盗撮目的のために、隠しカメラが仕掛けてあるのかどうかは、私達には判別できません。
そこで、盗撮発見器というものが売られています。
テレビで、盗聴器を発見する番組を見たことがありますよね。
盗聴器が仕掛けられている所からは、電波が出ています。そして、発見器を盗聴器に近づけると「ピー」と音を出して教えてくれるのです。

盗撮発見器も同様に使用します。
安価なものでは3000円くらいで買うことができますが、的確に見つけるなら、やはり高性能のものを選んだほうが良いでしょう。

盗撮対策には、他にも盗撮妨害器というものもあります。
盗撮されそうな場所の付近にこれを設置しておくと、盗撮電波を妨害してくれるそうです。

現代社会において、防犯カメラが増えることはあっても、減ることはないでしょう。
撮られているかもという意識は、常時、持っておいてほうがよさそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。