防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラの種類

デジタル防犯カメラ

デジタル時計とアナログ時計の違いって分かりますか?
アナログ時計というのは、長針と短針で時間を表示するタイプの時計のことをいいます。
最近、よく見る数字で時間を表示するタイプの時計は、デジタル時計といいます。
このアナログとデジタルと言う言葉は、時計だけではなく、様々なところで使われます。例えば音楽の録音やコンピューターの伝達処理方法としても、使用されています。

防犯カメラにもアナログとデジタルのレコーダーがあるんです。
防犯カメラは、テレビ用のケーブルを利用し、モニターに接続して、撮影した映像を見ることが可能です。
映しだされる映像は、ビデオテープやハードディスクに記録できます。
VHSテープ等に録画するものが、アナログレコーダーです。

デジタルレコーダーには、ネットワーク搭載機能などと呼ばれるものが」、これにあたります。
撮影した映像をインターネットを利用して配信することができます。そのため遠く離れた場所にも異常発生を知らせることができます。
また、複数のカメラを一箇所の監視センター等で監視できます。企業等で防犯カメラを設置する場合には、便利ですね。

デジタル式の特徴は、録画時間の長さです。
また、VHSのようなものと違い、テープを交換しなくてもよいのが、利点といえます。
ズームも出来るため、細部まではっきり確認できます。
また、テレビ録画用機器では、早送り・巻き戻し機能はありましたが、頭出しができなくて不便でした。
しかし、デジタル式ならば、不審者が写っている部分を自動で探し出すことができるんです。
さらに、複数のカメラ画像を同時に一つのモニターに分割して表示することも簡単にできるんです。とっても便利でしょ?

実際の映像を、防犯カメラの販売会社のホームページで見る事ができます。画質のよさにはびっくりしますよ。一度、ご覧になってくださいね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。