防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラその他

夜間の防犯カメラの必要性

防犯カメラを設置していても、空き巣に入られることがあるようです。
それなら防犯カメラを取り付けても無駄なの?と、思う人もいるかもしれません。

実は、このようなケースは、人がいなくなる時間帯に防犯カメラの電源をオフにしているのだそうです。
特に店舗はケースが多く、営業中は万引きや従業員の監視をするために防犯カメラの電源を入れていますが、夜間は見張る対象がないから電源を入れておくのは電気代の無駄だという意識からの行動のようです。
しかし、これではだめです。

一般家庭に侵入する泥棒も、夜 家人が寝静まってから侵入するケースが多いでしょう。店舗のような夜に無人になる場所は、泥棒にとって絶好のチャンスです。
防犯カメラは、接続する録画器機で、24時間連続して録画することができます。

盗難保険を掛けていたとしても、泥棒に入られると、とても気分が悪く、薄気味悪いものです。
防犯カメラには、異常を察知したときに、自動的に録画を開始するタイプのものもあります。
録画済みのビデオテープの保管方法等も、考えておく必要があります。
録画したビデオも全く見ないで、捨ててしまう店舗もあるようです。
後日、見直すことが必要な事態になって、慌てていたのでは遅いです。

そうならないためにも、再度、あなたの店舗や家庭の防犯カメラを見直してみることをお薦めします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。