防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラの種類

小型防犯カメラ

防犯カメラの種類は様々です。
「ボックス型」といわれる防犯カメラは、日ごろ私達がよく目にするタイプです。
とても性能がよく、そのレンズは目的に合わせて、交換が可能です。

「ドームカメラ」といわれる防犯カメラは、名前のとおり、ドーム型をしていて設置場所の雰囲気を損なわないようになっています。
インテリアを重視する店舗では、このタイプがよく使われています。

「小型カメラ」は、小さいものでは、レンズもわずか約4mm程度なのだそうです。
にもかかわらず、カラー映像や音声まで映し出すことが出来ます。
使い方次第で、とても便利な製品です。
カメラの存在を意識させないので、夏休みの子供さんの昆虫観察などに使ったら、すばらしい宿題が完成しそうですね。

ちなみに、防犯カメラはカメラ本体だけを購入しても、その機能を果たせません。
映像を映し出すためのモニターやケーブル等の周辺機器が必要です。

珍しいところでは、絵画の中に埋め込まれている防犯カメラ、ドアスコープに取り付ける防犯カメラなどもあるんです。
こんなに小さいものや、珍しいものが、簡単に手に入る時代です。
これが防犯対策ではなく、犯罪に使われないかと心配になってしまいますね。
単に「面白いから」という理由で購入しないで、目的をはっきりさせてから製品を選ぶようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74386201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。