防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラその他

防犯カメラの設置方法

知識のない人が、防犯カメラを取り付けるとき、注意しなければいけないことがあります。
それは以下のとおりです。

まず第一に、死角を作らないということです。
せっかく、防犯カメラを設置しても、カメラに映らないところがあっては、あまり意味がありませんね。
死角をなくすためには、建物の中であれば天井の隅につける、設置台数を増やすなどというような工夫が必要です。

第二に、設置する高さに注意する。
カメラの向きを他人に勝手に変えられたり、壊されたりといったことを避けるためにも、手が届かないような場所に設置しなくてはいけません。

第三に、防犯カメラの特性をよく知るということです。
夜間の監視の目的で、灯りを伴わないカメラをつけても、何が写っているのか分かりません。
赤外線カメラのように高感度のものを選ぶなど、目的にあった防犯カメラを選ぶようにします。

以上のように、防犯カメラを設置するには、設置位置や設置方法をよく考える必要があります。
中には、配線が届いておらず、一見してダミーだと分かるような設置方法をしている方も多いのだそうです。
これでは、泥棒に対して威嚇の効果もないですね。

本格的に防犯を考えているのであれば、専門業者に相談することをおすすめします。
どんな防犯カメラを選べば良いのか、どこに何台設置したら良いのかなど、プロの目で的確に助言してくれるはずです。
専門業者は多数存在します。いろいろな業者の意見を比較してみるとさらに良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。