防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

防犯カメラつき自販機

店舗や公共施設、銀行はもちろん、現在では商店街などの道路にまで防犯カメラが設置される時代になってきました。
家を出て、帰宅するまで防犯カメラを一度も見ないことはないでしょう。

最近は、子供を守るために登下校の道中に防犯カメラを設置してはという声も挙がっているようです。
実際に、各自治体では、少し変わった防犯カメラを設置しているところがあるそうです。
通学路の道中に必ず何台かはある自動販売機。
この自販機に、防犯カメラを搭載させてあるのだそうです。
防犯カメラだけでなく、異常発生を知らせるブザーまでついています。何か起こったときにこのブザーを押すと、警報音とともに回転灯が光る仕組みになっているんです。
自販機を荒らす犯罪も増えているなかで、これは良い対策だと思ったのですが、ブザーを押さないと防犯カメラは機能しないのだそうです。

防犯カメラの映像と自動販売機の位置は、インターネットを経由で自販機の管理者に送られます。
また、警報ブザーもなるので、警備会社の警備員が到着するまでには近所の人や周囲にいる人が、気づくことになります。
全国のほぼ全ての学校では、子供に防犯ブザーやホイッスル等を携帯させています。しかしランドセルにつけているのを見ると、いざという時に本当に使うことができるのか疑問でした。
しかし、地域住民をはじめ企業の協力があれば、子供達の安全性はさらに高まるのではないでしょうか。

設置費用は、飲料水メーカーや自販機のメンテナンスを担当する企業が負担しているそうです。
全国の子供達が通学する道中に存在する自販機を、この防犯カメラつき自販機に順次取り替えてほしいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74386205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。