防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラ設置場所

一般家庭に設置する防犯カメラ

今まで、一般家庭には関係ないと思われていた防犯カメラ。
しかし、現在は凶悪犯罪が多く、家にいても絶対安心といえるわけではありません。
一人一人の意識の変化から、現在では一般家庭にも防犯カメラが設置されるようになってきました。

一般家庭に防犯カメラを取り付ける際、カメラが一台あれば、家庭のテレビにつなぐだけで映される映像を確認できます。
しかし、記録を残すには、記録装置の接続が必要です。

記録装置は家庭にあるビデオデッキで十分です。
これに繋ぐことで、最大約9時間もの録画が可能です。これなら留守中や夜間に可動させておくと、いつでも確認することができます。
さらに連続して録画をするには、テープを交換する必要があります。
これでは面倒だと言う方は、防犯用の長時間ビデオデッキやデジタルデッキを用意したほうが良いでしょう。

防犯カメラを複数つける場合のモニターの数は、何台必要でしょう?
カメラと同じ台数だけ用意する必要はありません。
モニターは一台で十分なんです。
なぜなら複数のカメラの映像を自動的に切り替えるスイッチャーで全ての映像を見る事が可能だからです。

カメラにもいろいろな機能がついているものがあります。
夜間の撮影が可能な赤外線のカメラは、駐車場に設置すれば、防犯対策に効果大ですね。
また、ズーム・望遠・自動絞り・回転ができるものまでありますから、設置場所や用途にあわせて賢く選びましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。