防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラ設置場所

学校の防犯カメラ

今まで、子供達にとって安全な場所といえば、学校でした。
しかし、今では学校での犯罪が多く、とても安全といえるものではないようです。

2004年におきた大阪府の池田小学校の事件は、特に忘れられない事件の一つでしょう。
この事件のあと、全国の学校は防犯対策に力をいれるようになりました。
生徒の登下校時間以外は校門を閉鎖する、たとえ保護者であっても入校許可カードをつける・・・
また、登下校中は防犯ブザーをもたせる、住民による登下校の付き添いなど、学校によって違いはあるでしょうが、子供達を守るためにさまざまな工夫を凝らしているようです。

しかし、学校というところは、敷地が広く死角が多いため、どこから侵入されても分からないという欠点があります。
そこで、死角になる場所には、防犯カメラを設置するという学校もあるようです。
この防犯カメラの映像は、職員室にあるモニターで見る事ができますから、来校者のチェックを先生がする形になります。

自治体によっては、市内の小中学校全てに防犯カメラを設置したところもあるようです。
防犯カメラのモニターをずっと先生がチェックできているのか、それで絶対に安全と言えるのかどうかは疑問です。
しかし、常に見張られているという事が外部の人間に分かるだけでも犯罪を減らす要因になるのではないでしょうか。

何か事件がおきてから後悔するのでは遅すぎます。
子供達の安全のために、地域住民や学校が一体となって、対策を練る事が大切ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74386211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。