防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラと犯罪対策

防犯カメラつき自販機

店舗や公共施設、銀行はもちろん、現在では商店街などの道路にまで防犯カメラが設置される時代になってきました。
家を出て、帰宅するまで防犯カメラを一度も見ないことはないでしょう。

最近は、子供を守るために登下校の道中に防犯カメラを設置してはという声も挙がっているようです。
実際に、各自治体では、少し変わった防犯カメラを設置しているところがあるそうです。
通学路の道中に必ず何台かはある自動販売機。
この自販機に、防犯カメラを搭載させてあるのだそうです。
防犯カメラだけでなく、異常発生を知らせるブザーまでついています。何か起こったときにこのブザーを押すと、警報音とともに回転灯が光る仕組みになっているんです。
自販機を荒らす犯罪も増えているなかで、これは良い対策だと思ったのですが、ブザーを押さないと防犯カメラは機能しないのだそうです。

防犯カメラの映像と自動販売機の位置は、インターネットを経由で自販機の管理者に送られます。
また、警報ブザーもなるので、警備会社の警備員が到着するまでには近所の人や周囲にいる人が、気づくことになります。
全国のほぼ全ての学校では、子供に防犯ブザーやホイッスル等を携帯させています。しかしランドセルにつけているのを見ると、いざという時に本当に使うことができるのか疑問でした。
しかし、地域住民をはじめ企業の協力があれば、子供達の安全性はさらに高まるのではないでしょうか。

設置費用は、飲料水メーカーや自販機のメンテナンスを担当する企業が負担しているそうです。
全国の子供達が通学する道中に存在する自販機を、この防犯カメラつき自販機に順次取り替えてほしいものですね。

防犯カメラと犯罪対策

防犯カメラと盗撮

外出先で買い物や食事をしていて、思わず天井を見上げ「これは防犯カメラかな?」と思ったことはありませんか?
実際に、煙感知器かと思っていたら、防犯カメラだったということがあります。
防犯カメラは、形状やサイズもいろいろで、誰でも簡単に入手できます。なのでどこに取り付けてあってもおかしくない時代ですね。

しかし、防犯カメラはどこにでもつけて良いわけでは決してありません。
トイレや更衣室、銭湯などの脱衣所・風呂等で、防犯カメラを設置することは立派な犯罪です。
店の人間が取り付けることは、絶対にあってはならないことです。
もし、従業員ではない者が設置した場合、被害者は盗撮された人及び隠しカメラを設置された店になるそうです。

しかし、盗撮目的のために、隠しカメラが仕掛けてあるのかどうかは、私達には判別できません。
そこで、盗撮発見器というものが売られています。
テレビで、盗聴器を発見する番組を見たことがありますよね。
盗聴器が仕掛けられている所からは、電波が出ています。そして、発見器を盗聴器に近づけると「ピー」と音を出して教えてくれるのです。

盗撮発見器も同様に使用します。
安価なものでは3000円くらいで買うことができますが、的確に見つけるなら、やはり高性能のものを選んだほうが良いでしょう。

盗撮対策には、他にも盗撮妨害器というものもあります。
盗撮されそうな場所の付近にこれを設置しておくと、盗撮電波を妨害してくれるそうです。

現代社会において、防犯カメラが増えることはあっても、減ることはないでしょう。
撮られているかもという意識は、常時、持っておいてほうがよさそうですね。

防犯カメラと犯罪対策

マンションの防犯対策

最近のマンションは、防犯対策がキチンとされています。
エントランスやエレベーターに、防犯カメラが設置してあって皆さん安心な生活がおくれています。

特に高層階の住人は、玄関だけ鍵をかけて、ベランダ側の窓は開けっ放しにして出かける方もかなりいらっしゃるようです。
しかしながら、どんなに高いところにあっても、泥棒は人目のあまり多くないところに目をつけます。
最近は、核家庭も多く、昼間に生活している気配がなければ、マンションにも泥棒は出現します。
さらに言えば、雨の日は物音を消す作用があるので、泥棒にとっては最適なんだそうです。

実際に、5階や9階などの高層階であっても泥棒は進入してしまいます。
そういうわけで、ベランダ側にも防犯カメラを設置したほうベターです。
また、窓にセンサーを設置し、不審者が侵入した際には、ブザーがなるようにするとさらに良いでしょう。

高層階を狙う泥棒は、雨どいを伝ってくる場合が多いそうです。
これの防止のために、非常に便利な製品が売られています。
その名も『忍び返し』というものです。
輪になった部分に釘のようなものが四方八方に向かって伸びています。
この忍び返しを雨どいにつけるだけで、泥棒が上ってくるのを防ぐことが出来ます。

マンションだけではなく、2階建ての戸建て住宅にも使えるのでオススメです。
泥棒は時間や侵入経路を選びません。
なので、ベランダにも防犯カメラ、センサー等の防犯グッズを使って、防犯対策を心がけましょう。

防犯カメラと犯罪対策

犯罪に巻き込まれないために

防犯カメラがいたるところに設置されているにも関わらず、犯罪は一向に減りません。
ニュースや新聞では、毎日のように凶悪な犯罪が報道されています。

2007年8月に、愛知県は住民に犯罪に関するアンケートを実施しました。
その結果、日常生活で殺人、傷害、性犯罪などの被害に遭う不安を感じている人は、全体の約70%にも達しました。
男女別の質問では、75%の女性、そして男性も65%が不安を感じています。
また、実際の被害経験として、一番多いのが自転車盗難、次に交通事故、空き巣、暴行や傷害、性犯罪ということでした。

もはや日本も安全な国ではなくなってきました。昔は「水と安全はただ」とか言っていましたが、現在はどっちもお金を出して買う必要がでてきました。

一体、犯罪に巻き込まれないためには、どうすれば良いのでしょうか?
自動車や自転車を盗まれないようにするには、駐車場に防犯カメラを設置するのも良いでしょう。
また、少しの間でも離れる際は必ず鍵をかけるようにしましょう。
空き巣対策としては、やはり防犯カメラの設置及びカメラ付きドアホン等セキュリティをキチンとすることが効果的でしょう。

自分自身で気をつけるのは当然として、犯罪者は『目』を嫌うのということです。
地域の目、防犯カメラの目etc
住民同士が普段から声掛けをしている地域では、犯罪も少ない傾向にあるようです。
特に子供達を被害者にしないために、地域住民が声を掛け合うようにすることが非常に重要です。

防犯カメラと犯罪対策

セキュリティ会社におけるサービス

防犯対策をしていない家では「うちは盗られるものは何もないから」というのが決まり文句のようです。
でも、実際に泥棒に入られると分かりますが、知らない間に他人が家の中に侵入しているというののはとてもゾッとするものです。
泥棒に入られると、しばらくの間は少しの物音で目を覚ましたり、外から帰ったときに、家の中に誰かいるのではないかと不安になったりします。
防犯カメラをつけておけば良かった・・・と、後悔しないように、防犯対策はキチンと、しておきたいものです。

近年は、セキュリティ会社のステッカーを玄関に貼る家庭が増加してきました。
少し前までは、一般家庭には縁がないと思われていたセキュリティサービスですが、防犯意識が高まっているのだとしたら、嬉しい限りです。

セキュリティ会社のサービスは、会社により、いろいろ差異があります。
防犯カメラの設置及び警備会社への通報が基本サービスとなっています。
さらには、携帯電話を用いて、家主へ異常を知らせるサービスもかなりの会社が導入しています。
また、マンションであるか一戸建て住宅であるか、あるいは会社であるかによっても、サービス内容は違います。

知識もないのに、いきなり防犯カメラを購入して、失敗する方もいるようです。
いっそのこと、セキュリティ会社のサービスを利用すれば月々のわずかな支払いで済みます。後々のメンテナンス等を考えると結果的にお得かもしれませんね。最近は月々4千円くらいでサービスがあるようですよ。

様々なセキュリティ会社に資料請求してみると、その会社がどの防犯対策に力を入れているのか、どのサービスをメインにすえているかが分かって非常に面白いです。
自分の家はどのサービスを受けるのが一番適切なのかを専門家に教えてもらうといいでしょう。
そして、安心で安全な生活を手に入れてくださいね。

防犯カメラと犯罪対策

車の盗難にご注意

最近車の盗難や車上荒らし等が、多発しています。
「うちの車は、シャッター付きのガレージに入れてあるから安全」と、思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし泥棒は、シャッターでも、こじ開けてしまいます。
もちろん、シャッターがないよりはあったほうが良いでしょう。
泥棒も、一般的にこじ開けるのに2分以上かかりそうだと思ったら、諦めるという統計もあるようです。

大切な車を盗まれないために、注意する事はなんでしょう?
まず第一に、駐車場は外灯をつけて、明るくしておくということです。
そして、駐車場に防犯カメラを取り付けておくと良いでしょう。
車上狙いなどの犯罪は、夜間に行われることが大多数です。そのため、赤外線センサー等が付いた防犯カメラを設置するようといいですね。
車内にも、防犯カメラを設置する方法もあります。

そして、愛車には盗難防止装置を取り付けておくとさらにいいでしょう。
アラームシステム・ロックシステム・イモビライザーなどの盗難防止装置が有名ですね。
アラームシステムは、侵入者を察知して光や音で、警告を発するタイプのものを一般的にいいます。
ロックシステムは、タイヤやハンドルが動かないように、ロックさせるというものですが、プロの窃盗犯にはあまり通用しないようです。
イモビライザーは、一番 盗難被害に遭いにくいとされています。
専用の鍵以外ではエンジンがかからない仕組みのことをいいます。
エンジンが始動しないので、車を盗まれる可能性は低いですが、車上荒らしには効果なしです。

目を離したちょっとした隙に、車が盗まれることもありますので、少しでも車を離れるときは、エンジンを切ってロックする習慣をつけておくと良いでしょう。

防犯カメラと犯罪対策

病院における防犯対策

誰にでも出入りできるところは、人目が多くても隠れやすいものです。
そんな場所の一つに病院が挙げられます。
病院は、患者や家族・病院関係者以外にも、見舞客や医療業者など、非常に多くの人が出入りします。
それにもかかわらず、病院は、セキュリティが今一つ甘い所があるようです。

実際、見舞客や通院患者を装って、窃盗を繰り返す事件も多発しています。
被害は現金だけではなく未開封の薬や注射液等も、盗難されるケースがあるのです。
これらは、売却されるのかまたは犯人自ら使用するのかは定かではありませんが、常時在庫をチェックしていない病院では気づかないことも多いようです。

このような犯罪を未然に防ぐためにも、セキュリティは強化しておかなくてはいけませんね。
薬や注射液等の保管場所に、防犯カメラを取り付けるのは、必須です。
個人情報の塊であるカルテ等がある事務所や病院の玄関や通路等にも防犯カメラを設置しておく方が良いでしょう。
個人病院のように夜間、人がいなくなる病院は、インターネットを活用して、病院長の自宅で病院の状況を確認できるようなシステムを導入すると良いでしょう。

総合病院のように不特定多数の人が出入りする病院では、防犯カメラだけでなく、警備員を配置したりと様々な対策を練っているようです。
病院によっては、不審者対応マニュアル等を作成して、職員全員が防犯意識を高めているところもあります。
患者さんが安心して通院・入院できるような病院にしてもらいたいものですね。

防犯カメラと犯罪対策

郵便物に対しての防犯対策


何年か前に、オフィスビルの集合郵便受けから請求書等が盗まれる事件がありました。請求書を盗んでかわりに支払ってくれるのなら、ありがたい話ですよね(笑)

でもこの事件の犯人は、もちろん、そんなお人よしではありません。振込先を改ざんし、また郵便受けに戻していたようなのです。

改ざんした請求書には、金融機関名、口座名義、口座番号の上にシールが貼付されていて、別の振込先が記入してありました。
しかも、御丁寧なことに訂正印まで押してあったというから、驚きですね。

この事件では、会社が被害者になっていました。しかし個人の家庭でも起こりうる事件だと思いませんか?
最近のマンションには、防犯カメラが設置されており、こういう事件が起こっても犯人は特定できるかもしれません。
しかし、一戸建てやアパート等では、いつこのような事件が起こってもおかしくない気がします。

郵便物には、口座番号等が記載されていて個人情報の塊です。いつどのように悪用されるか分かりません。
家族内においても、郵便物を勝手に見てトラブルになることもありますよね。それが他人に知らない間に見られてしまうのでは、不安になることでしょう。

こうした事態を未然に防ぐために、敷地内に不審者が侵入しないように防犯カメラを設置したり、郵便ポストに鍵をかけるようにすると良いでしょう。
防犯カメラは録画できるようにしておいて、何かあったときは、いつでも警察に提出できる体制をとっておくと良いですね。
また、近所の交番から警察官に巡回してもらうのも防犯対策の効果的な方法の一つですので一度相談してみるといいかもしれません。

防犯カメラと犯罪対策

子供達を犯罪から守るためには

最近子供が狙われています。
小中学生など、少女を連れ去る事件が増えていますね。
小中学校では、不審者情報が入ると、一斉に保護者に携帯メールで知らせるようになってきています。

「見ず知らずの人に話しかけられた」という不審者と決め付けられないものから「刃物を持った男に追いかけられた」というような、不安になる内容まで様々です。

連れ去られた事件のほとんどが、わいせつ目的であり現代社会のゆがみを物語っているようです。
発生時間は、学校が終わりで自宅へ帰るまでの時間が大半です。友人と別れて一人きりになったところを狙われます。

そして発生場所は、学校から離れた道路、公園等、人目につくような場所でも起こっています。
「自分の子供は、人通りの多いところを通るから安心」と思っている親御さんも、決して安心できなくなってきているのです。

最近の子供達が外で遊ばなくなってきたのは、ゲームのせいばかりではないんですね。
不審者がいるかもしれない外で遊ぶのは、とても危険なことになってきています。

公園に、常時管理者がいて子供達を見守ってくれるといいのですが、そうはいかないですね。
せめて、防犯カメラを設置して、不審者に「お前は見られているぞ」というプレッシャーを与えてほしいものです。

学校では、校門には防犯カメラがついているものの、通学路にはほとんどついていません。
防犯カメラは、常時監視されているようで、反対だという意見もありますが、このような犯罪から子供達を守るには、必要なことなのかもしれません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。