防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラその他

セキュリティー

泥棒は、たまたま通りかかった家を狙うわけでは ありません。
事前に、家族構成や留守になる時間帯を調査しているのだそうです。
業者を装って訪問販売に扮していることが多く、堂々とドアホンを鳴らすというのですから驚きです。
小さい子供さんだけで、留守番をさせている家庭は、特に注意が必要ですね。

玄関の鍵は必ずかけて絶対にドアを開けない事、家の中に入れるなんてもってのほかですから、しっかりと教えておきたいものです。
カメラつきのドアホンがを取り付けておけば、知っている人かどうかは子供にも分かります。
ドアホンには、玄関や門に取り付けてあるカメラの映像を見られるタイプがほとんどです。現在では敷地内に設置した防犯カメラの映像もドアホンと同じモニターで見れるようになっています。

さらに、モニターで録画・防犯カメラのズーム・複数の防犯カメラの切り替えまで出来るようになっている多機能機種もあります。
操作も小学生でも出来るくらい簡単なもののようです。

近年、小さい子供を巻き込む事件が多発しています。
「自分の家には関係ないこと」では、済まない世の中になってきています。
防犯対策の重要性は分かっているけど何をしたらいいのだろうと考えている方は、まず様々な業者のセキュリティサービスを比較してみてはいかがでしょう?
きっと、自分の家庭にあったプランが見つかりますよ。

空き巣狙いの泥棒であっても、セキュリティーがキチンとしていれば、いくら留守がちな家でも侵入することはできないはずですから。

防犯カメラその他

防犯カメラの設置方法

知識のない人が、防犯カメラを取り付けるとき、注意しなければいけないことがあります。
それは以下のとおりです。

まず第一に、死角を作らないということです。
せっかく、防犯カメラを設置しても、カメラに映らないところがあっては、あまり意味がありませんね。
死角をなくすためには、建物の中であれば天井の隅につける、設置台数を増やすなどというような工夫が必要です。

第二に、設置する高さに注意する。
カメラの向きを他人に勝手に変えられたり、壊されたりといったことを避けるためにも、手が届かないような場所に設置しなくてはいけません。

第三に、防犯カメラの特性をよく知るということです。
夜間の監視の目的で、灯りを伴わないカメラをつけても、何が写っているのか分かりません。
赤外線カメラのように高感度のものを選ぶなど、目的にあった防犯カメラを選ぶようにします。

以上のように、防犯カメラを設置するには、設置位置や設置方法をよく考える必要があります。
中には、配線が届いておらず、一見してダミーだと分かるような設置方法をしている方も多いのだそうです。
これでは、泥棒に対して威嚇の効果もないですね。

本格的に防犯を考えているのであれば、専門業者に相談することをおすすめします。
どんな防犯カメラを選べば良いのか、どこに何台設置したら良いのかなど、プロの目で的確に助言してくれるはずです。
専門業者は多数存在します。いろいろな業者の意見を比較してみるとさらに良いでしょう。

防犯カメラその他

防犯カメラの使い道

飲食店を経営する友人が、防犯カメラを取り付けようかどうか悩んでいることがありました。
深夜の時間帯は店をアルバイトに任せているのですが、ちょくちょく、伝票とレジの売り上げが合わないことがあるとの事でした。
働き者のアルバイトを疑うのは良くないけど、他に思い当たる節もないし・・・
アルバイトの監視用に、防犯カメラを設置するのは、気持ちの良いものではありません。

このような状況は、まれなこと思っていましたが、どうやら最近はそうでもないようですね。
社員やアルバイトの監視用に防犯カメラを設置するところは、結構多いようです。

コンビニの防犯カメラの数には圧倒されてしまいます。
店の入り口、陳列棚の端の天井、駐車場、レジの真上など最低でも8台くらいはあるのではないでしょうか。
これらは、万引きや強盗などの犯罪予防として威嚇するだけではなく、従業員の監視も大きな目的の一つになっているようです。

防犯カメラの映像は、インターネットを使用して店舗管理をしている部署や担当者が、その状況を見る事ができます。
チェーン展開を行っている店では、この防犯カメラを使用して、店の商品の陳列状況、従業員が的確な接客をしているか等のチェックするのだそうです。
気持ちの良い接客態度や店作りをすることで、利益が上がるのでしょう。しかし自分が働く立場になると始終監視されているようで、息苦しくなりますね。

防犯カメラは、あくまでも「犯罪予防」として利用してもらいたいと個人的には思います。

防犯カメラその他

防犯カメラのリース

防犯カメラは個人で購入し、設置することができます。
でも、設置するだけで安心することはできませんね。
常時、最良の状態で利用するには、点検が必要です。
しかし、個人では、通常、専門知識がないので難しいです。

特に、会社や店舗などで使う場合に、いざという時に作動しなければ、意味がありません。
このような時のために、防犯カメラはリースやレンタルという制度があります。
防犯カメラをリースすると、定期点検やメンテナンスをしてくれます。なので故障やトラブルを予防することができますね。
また、リース会社によって内容は様々ですが、いろいろなサービスを受けることが出来ます。

例えば、防犯カメラの作動時には、警備員が現場へ急行して状況を確認し、的確な処置をしてくれたりします。
その際 契約者への携帯電話への通知までしてくれるところもありますので、自分もすぐに駆けつけることが可能です。
さらに、破損されたガラスやドアの保証をしてくれる会社まであるようです。

リースは、会社や店舗だけでなく、個人の家にも、サービス提供をしてくれます。

高性能のものを設置するともちろん価格も高くなります。でもリースなら月々の負担でサービスまで受けれますから、安心ですね。
リース会社はいろいろありますから、値段や保証内容を検討するためにも、まずは資料を取り寄せてみてはいかがでしょう。

防犯カメラその他

夜間の防犯カメラの必要性

防犯カメラを設置していても、空き巣に入られることがあるようです。
それなら防犯カメラを取り付けても無駄なの?と、思う人もいるかもしれません。

実は、このようなケースは、人がいなくなる時間帯に防犯カメラの電源をオフにしているのだそうです。
特に店舗はケースが多く、営業中は万引きや従業員の監視をするために防犯カメラの電源を入れていますが、夜間は見張る対象がないから電源を入れておくのは電気代の無駄だという意識からの行動のようです。
しかし、これではだめです。

一般家庭に侵入する泥棒も、夜 家人が寝静まってから侵入するケースが多いでしょう。店舗のような夜に無人になる場所は、泥棒にとって絶好のチャンスです。
防犯カメラは、接続する録画器機で、24時間連続して録画することができます。

盗難保険を掛けていたとしても、泥棒に入られると、とても気分が悪く、薄気味悪いものです。
防犯カメラには、異常を察知したときに、自動的に録画を開始するタイプのものもあります。
録画済みのビデオテープの保管方法等も、考えておく必要があります。
録画したビデオも全く見ないで、捨ててしまう店舗もあるようです。
後日、見直すことが必要な事態になって、慌てていたのでは遅いです。

そうならないためにも、再度、あなたの店舗や家庭の防犯カメラを見直してみることをお薦めします。

防犯カメラその他

防犯カメラの使用法

防犯カメラの使用法は、アイデア次第で、いくらでもあります。
例を挙げると、幼稚園や小学校の運動場や体育館に設置します。
そしてインターネットを利用して各家庭に映像を配信すれば、発表会、運動会などの行事を家庭で録画できます。

子供の行事に参加してみると、子供達の演技が終了しても、拍手が少なくて寂しい感じがするときがあります。
これは、保護者の方の大半が、ビデオカメラで撮影をしており、拍手できないためです。
子供のベストショットをとろうと思い、朝早くから場所取りをした経験のある方もいらっしゃるでしょう。

幼稚園によっては、こうした状況を苦慮して、ビデオ撮影禁止というところもでてきました。
でも、子供の晴れの姿を残せないのは、寂しいですよね。
もし、幼稚園が防犯カメラを使用して映像配信のサービスをしてくれたら、とてもいいですよね。

防犯カメラの使用法は、これだけではありません。
子供達が通っている塾でも防犯カメラが設置されているようです。
塾の時間は、学校が終わってからになるので、どうしても遅い時間になってしまします。
子供が教室に入った時間や、帰った時間が確認できれば、保護者も安心できますね。
当然、部外者情報漏洩が起きては困ります。そこでIDやパスワードを発行し、関係者だけが閲覧できるシステムになっています。

以上のように、防犯カメラは不審者のチェックだけでなく、いろいろな使用法があるので、非常に便利なものといえるでしょう。

防犯カメラその他

防犯カメラとインテリアの関係

地域によっては、街の美観や雰囲気を大切にしているところがあります。
マンション等では、洗濯物を外から見えないように干したり、布団はベランダに干さないといった規制があるところもあるそうです。

一戸建ては関係ないという話ではありません。
地域住民で、玄関先には必ず花を植えて街の雰囲気を良くするといった、取り組みをしている地域もあります。
現在は、洋風建築も多いですが、和風建築の建物などは、特にその外観の雰囲気を壊さないように気配りをしている方も多いでしょう。

そういった建物に防犯カメラを設置するのは、美観的にミスマッチな感じがして躊躇する方も多いと思います。
しかし、防犯カメラはいろいろな形状のものがあります。
ドーム型の防犯カメラは、通常のボックス型の防犯カメラより分かりにくく出来ています。このようなタイプのものを設置すると美観的にも良いでしょう。
小型カメラを植え込みの中に外から見えないように工夫して設置するのも、いいと思います。

また、防犯カメラのカバーを好きなものに付け替える事が出来る機種もあります。
神社や寺をはじめとした、和風建築には、木材を使用していますから、同じようなタイプのカバーをつけるといいですね。防犯カメラが設置されていても、雰囲気を損なう心配はないですね。

加えて、屋内に設置する防犯対策グッズも、インテリアにあわせたデザインのものを選べるようになってきています。
インテリアに気を配っている方には、嬉しい限りですね。

インテリアの雰囲気を壊さずに、防犯対策が出来るのですから、画期的です。是非、検討してみてはどうでしょうか。

防犯カメラその他

防犯カメラの設置基準とは

いろんなところに設置されている防犯カメラですが、常時、誰かに見られているで、あまり気分の良いものではありません。

鉄道会社では、今までは事件が発生した後にしか防犯カメラの映像を警察に提出していませんでした。
しかし、現在は定期的にパトロールの警察官に防犯カメラの録画映像を点検してもらうことになったそうです。
防犯カメラは犯罪防止という点では、非常に役立ちます。しかしプライバシーや肖像権の問題から、賛同する人ばかりではありません。

岐阜市では、公園、教育機関等約50ヶ所の施設に防犯カメラが取り付けてあります。
ここでも、プライバシーの観点から、様々な議論がされたようです。
その議論の結果、今後は、市が公共施設に防犯カメラを設置する際は、検討委員会で設置の必要性について審査を受けなくてはならなくなりました。
加えて、設置した際に、防犯カメラが稼動していることを通行人に周知する案内板を表示するという取り決めができました。
管理責任者の配置も義務付けられました。また、画像の加工や漏えいを禁止し、第三者に画像を提供する時には、市個人情報保護条例に従って運用するという決まりが設けられました。

上記の事例は当たり前のように思いますが、このように防犯カメラの設置にキチンとした基準が設けられている自治体は、意外と少ないようです。
防犯カメラは、誰がどういう目的で設置したのかが分かりさえすれば、不気味な存在ではなくなります。
住民が、安全で安心な生活を送るためには、防犯カメラのない生活は、考えられなくなってきているのが現状です。

全国にある自治体が、防犯カメラに対する基準の統一をはかり、正しい使い方をするように願います。

防犯カメラその他

防犯カメラが壊れないようにするには

防犯カメラを取り付けても、証拠隠滅のために、不審者に防犯カメラを壊される場合があります。
これでは、せっかくの防犯カメラも意味がありませんね。
さらに、壊された防犯カメラの修理代で被害も大きくなってしまいます。

これを避けるためにも、防犯カメラは耐衝撃性の防犯カメラを取り付けたほうが良いでしょう。
耐衝撃性カメラは、別名、防破壊型防犯カメラともいいます。
普通のボックス型カメラは、レンズ部分がむき出しになっており、簡単に壊されてしまう可能性があります。
防破壊型防犯カメラは、ドーム型カメラと外見は同じです。

では、違いは何でしょうか。
防破壊型防犯カメラの本体は、非常に丈夫な金属でできています。そしてレンズカバー部分は、強化プラスチックで覆われています。
もしハンマーなどで殴打されても、壊れないようになっています。

また、防犯カメラが壊れるのは、不審者による破壊ばかりが原因ではありません。
防犯カメラに良くないものとして、雨やホコリがあります。
防犯カメラ内部にそれらが入ってしまうと、カメラはその機能を果たすことができなくなってしまいます。
屋外に設置する場合は、必ず防水・防滴タイプのものを選びましょう。

高額な買い物である防犯カメラです。
無駄な買い物にしないためにも、取り付けたい場所にどのタイプの防犯カメラを取り付けたら不明なときは、遠慮せずに専門業者に尋ねてみましょう。

防犯カメラその他

防犯設備士とは?

防犯設備士という資格を知っていますか?
防犯設備士とは、防犯システムに関しての専門の教育・指導・資格認定試験を受けて合格した人に与えられる資格です。
国家資格ではありませんが、犯罪歴がある人は取得できない等、非常に信頼できる資格であることが分かります。

セキュリティ重視の企業には、この防犯設備士を配属しているところがほとんどだそうです。
家のどこに、どんな防犯カメラを設置したらよいかなどのセキュリティに関連するアドバイスや設置をしてくれます。

防犯カメラは設置しただけでは、ダメです。
対象を確実に映せる位置にカメラがあるか、間違った配線をしていないか等、防犯カメラをお持ちであればもう一度設置方法などを見直してみてはいかがでしょう?

防犯カメラの購入は、インターネットやカタログなどの通信販売で簡単に買うことができます。
また、業者に頼むから大丈夫と思っている人も多いと思います。
しかし、防犯設備士に言わせると、専門業者によっては、おかしな設置方法をしているものもあるそうです。

設置を依頼をしようとする会社に、防犯設備士はいるでしょうか?
プロの犯罪手口への対策としては、やはりプロの防犯設備士にセキュリティをキチンとしてもらうことが重要でしょう。
また、設置の際には、なぜここに防犯カメラが必要なのか等を納得のいくまで説明してもらいましょう。
防犯対策は、一人一人の自己意識を高めることも非常に大切です。

防犯カメラその他

家庭用ロボット「ロボリア」

愛知での万博『愛・地球博』で、いろいろなロボットを見ることができました。将来はロボットとの生活が当然のようになるのだろうと思っていましたが、家庭用防犯カメラ界にとうとうロボットが登場しました。

『ロボリア』という名前の留守番ロボットです。
ロボリアを製作したテムザックという会社は、現在までもいろいろなロボットを開発しており、ロボリアは家庭用のロボットとして開発されたものです。

ロボリアは、丸くてとても可愛らしい形をしています。
顔の部分にカメラが設置されており、ここからの映像は携帯電話で見る事ができます。
子供が留守番している際には、外から様子を見れますから、安心ですね。
マイクもついていて、携帯電話で会話も出来るんですよ。
設置型の防犯カメラと違い、ロボリアは携帯電話で操作をして動かすことが可能です。なので、動き回るペットを探し出す事もできますね。

また、様々な機能もついています。
お出かけモードは、家の中に何者かが入ってきたことを察知すると、携帯電話に知らせてくれます。そして携帯の画面で確認することができます。
一人暮らしの女性や留守が多い家庭には、嬉しい機能ですね。

普通の防犯カメラは、監視されているという感じが強くなりますから、家庭内に設置するのに抵抗があります。
しかし、ロボリアのようなロボットが普及したら、安心して外出できるのではないでしょうか?

価格は30万円ほどします。結構高いので一般家庭には、厳しいですね・・・
しかし、将来的には一家に1台ロボリアの時代が来るかもしれませんね。
とても楽しみです!

防犯カメラその他

新幹線での防犯カメラ

2007年7月1日、新幹線N700系がデビューしました。まだ覚えている方もいらっしゃるでしょう。
N700系は、電力回生ブレーキが搭載されており、電力消費量を大幅に削減できる省エネ新幹線です。
さらに、スピードも従来の新幹線より速くなっており、もっとも速度の出る山陽区間では300km/hものスピードが出るらしいです。
これが、次世代新幹線と呼ばれるわけですね。

このN700系新幹線には、今までにない試みがなされました。
それは、防犯カメラの設置です。
列車内で、度々 事件や事故が起こっています。
走行中の新幹線の非常用ドアコックを開けて、男性が飛び降りて死亡した事故は、かなりショッキングでした。
この非常用ドアコックは「乗り間違えた」という理由で、開けてしまう乗客もいるらしく驚いてしまいます。
その都度、列車は止まってしまい、安全確認のために時間を割かれますから、乗客・乗務員にとってもいい迷惑ですね。

今回、設置された防犯カメラはなんと60台です。
58ヶ所の出入り口のドア上部と運転席の入り口の上部2ヶ所に埋め込まれています。
映像は常に録画され、事件や事故で警察・裁判所に提供する以外には、使われることはないそうです。

在来線に設置する予定は今のところないそうですが、列車内の犯罪といえば、まず思いつくのが痴漢などの性犯罪でしょう。
新幹線よりもむしろ在来線に設置したほうが、犯罪予防にはなると思いますが、コストやプライバシー問題を考えると難しいようです。

ハイテクを駆使した新幹線N700系に乗車する機会がありましたら、防犯カメラの存在をチェックしてみてくださいね。
「防犯カメラ作動中」のシールに気がつかないと、見過ごしてしまうくらいのものなので、きっと驚きますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。