防犯カメラ
★家電・PCの新製品情報を見る♪★

防犯カメラ設置場所

幼稚園や託児所の防犯カメラ

子供達の安全を守ろうと防犯カメラを設置する幼稚園や託児所が増えてきています。
校門や校舎の外に設置する小学校とは違い、幼稚園等では教室内や運動場に設置するところもあるそうです。

不審者の侵入防止でも、もちろんありますが、保護者サービスも目的の一つだと知ってびっくりしました。
現在では、家庭に1台は普通に置いてあるパソコン、一人1台が普通となた携帯電話。
これらのインターネット回線を利用して、教室内や運動場の子供の様子を見ることができるそうです。すごいサービスですよね。

小さいお子さんをお持ちの方ならば、自分の子供が楽しく幼稚園で遊んでいるか、泣いてはいないか等など、子供が帰宅するまで心配は尽きないものです。
でも、園内に設置された防犯カメラで我が子の様子が見れれば、安心してできますね。
プライバシー問題など、賛否両論はもちろんあるでしょう。幼稚園や託児所は小学校や中学校とは違い、保護者が選択することができます。
このような園に入園希望の家庭は、防犯カメラに賛同している家庭のようです。

こういったサービスは、今まで子育てに参加する時間が取りにくかったお父さんにとっても嬉しい限りではないでしょうか。
職場のインターネットでお子さんの様子が見れるのですから、帰宅してから家族の会話も弾みそうですね。
また、遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんにもお孫さんの成長を見せることができます。

防犯カメラを設置している園側にとっても、保護者の信頼が向上してよい結果が得られているようです。
幼稚園だけではなく小中学校でも、このシステムが標準化される日がくるかもしれませんね。

防犯カメラ設置場所

一般家庭に設置する防犯カメラ

今まで、一般家庭には関係ないと思われていた防犯カメラ。
しかし、現在は凶悪犯罪が多く、家にいても絶対安心といえるわけではありません。
一人一人の意識の変化から、現在では一般家庭にも防犯カメラが設置されるようになってきました。

一般家庭に防犯カメラを取り付ける際、カメラが一台あれば、家庭のテレビにつなぐだけで映される映像を確認できます。
しかし、記録を残すには、記録装置の接続が必要です。

記録装置は家庭にあるビデオデッキで十分です。
これに繋ぐことで、最大約9時間もの録画が可能です。これなら留守中や夜間に可動させておくと、いつでも確認することができます。
さらに連続して録画をするには、テープを交換する必要があります。
これでは面倒だと言う方は、防犯用の長時間ビデオデッキやデジタルデッキを用意したほうが良いでしょう。

防犯カメラを複数つける場合のモニターの数は、何台必要でしょう?
カメラと同じ台数だけ用意する必要はありません。
モニターは一台で十分なんです。
なぜなら複数のカメラの映像を自動的に切り替えるスイッチャーで全ての映像を見る事が可能だからです。

カメラにもいろいろな機能がついているものがあります。
夜間の撮影が可能な赤外線のカメラは、駐車場に設置すれば、防犯対策に効果大ですね。
また、ズーム・望遠・自動絞り・回転ができるものまでありますから、設置場所や用途にあわせて賢く選びましょう。

防犯カメラ設置場所

マンションの防犯カメラ

家の買おうと思っている人は、一戸建てかマンションかで、悩んだ事があるでしょう。
一戸建ての魅力は、やはり騒音を気にしなくても良いということでしょう。
集合住宅では、騒音によるトラブルをよく耳にします。
仕事の都合で、夜にしか洗濯機を回せない家庭や、子供がいる家庭にとってはこの騒音問題は回避したい事の一つですよね。

一方、マンションの魅力は、セキュリティがキチンとしているのが大きな魅力ではないでしょうか。
エントランスには通常オートロックシステムが採用されています。ですから不審者が勝手に入ることは、まず出来ません。
また来訪者を、モニターつきのインターホンで確認出来ますから、安心ですね。

そして、エントランスやエレベーター、駐車場などの共用部分には防犯カメラが設置されています。
これらの防犯カメラは、マンションを管理している警備会社が24時間管理しています。もし、なにか異常があればすぐに対応してもらうことが出来ます。
小さい子供がいる家庭、子供だけで留守番をする必要がある家庭も安心して生活できますね。

防犯カメラが取り付けられていないマンションでも、住民達の話し合いで防犯カメラを設置するところが多くなっているようです。
その場合は管理費から費用を出するのか、住民が負担するのかでもめる事もあるようです。
しかし、安心で安全な生活をするためには、防犯カメラの設置は決して無駄なことではないはずです。

防犯カメラ設置場所

学校の防犯カメラ

今まで、子供達にとって安全な場所といえば、学校でした。
しかし、今では学校での犯罪が多く、とても安全といえるものではないようです。

2004年におきた大阪府の池田小学校の事件は、特に忘れられない事件の一つでしょう。
この事件のあと、全国の学校は防犯対策に力をいれるようになりました。
生徒の登下校時間以外は校門を閉鎖する、たとえ保護者であっても入校許可カードをつける・・・
また、登下校中は防犯ブザーをもたせる、住民による登下校の付き添いなど、学校によって違いはあるでしょうが、子供達を守るためにさまざまな工夫を凝らしているようです。

しかし、学校というところは、敷地が広く死角が多いため、どこから侵入されても分からないという欠点があります。
そこで、死角になる場所には、防犯カメラを設置するという学校もあるようです。
この防犯カメラの映像は、職員室にあるモニターで見る事ができますから、来校者のチェックを先生がする形になります。

自治体によっては、市内の小中学校全てに防犯カメラを設置したところもあるようです。
防犯カメラのモニターをずっと先生がチェックできているのか、それで絶対に安全と言えるのかどうかは疑問です。
しかし、常に見張られているという事が外部の人間に分かるだけでも犯罪を減らす要因になるのではないでしょうか。

何か事件がおきてから後悔するのでは遅すぎます。
子供達の安全のために、地域住民や学校が一体となって、対策を練る事が大切ですね。

防犯カメラ設置場所

一般家庭における防犯カメラの取り付け

現在では、店舗だけでなく一般家庭でも防犯カメラを設置する家庭が増えています。
理由はいろいろありますが、一番大きい理由は空き巣対策でしょう。
空き巣はが入るのは、家人がもいない時とは限りません。
家人がいても、空き巣被害に遭った方は数多くいますから、家の中にいれば安心というご時世では無い事がおわかりでしょう。

一般家庭に防犯カメラを設置する時は、隠しカメラのような分かりにくいものにする必要はありません。一目で防犯カメラだと分かるようなタイプの方が良いでしょう。
特に、人目に付かない場所に窓がある場合は、その周辺に取りつけるようにします。
店舗などに設置する防犯カメラは、記録ができるものがほとんどです。しかし一般家庭にはそのような機能はあまり必要ありません。
どうしてかというと、空き巣が入った時のためりは、空き巣に入られないように犯人を威嚇し、被害を予防することこそが目的だからです。
なので、人が近づくと自動で明かりが点灯するようなサンサーライトがついた防犯カメラは一層効果的です。
もちろん、設置場所は戸外ですから、防水タイプのものを選びましょう。

威嚇という点だけでいえば、ダミーカメラも効果的ではないでしょうか。
ダミーカメラは本物にそっくりで、ほとんど見分けがつきません。しかも乾電池を入れると、いかにも録画しているかのような電気がついたりするものもあります。
値段も普通の防犯カメラに比べて格安なので、一般家庭での防犯対策には、最適ですね。

大事な家族や財産を守るために、再度、あなたの家の防犯対策を話し合ってみてはいかがでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。